【意味】 頭とは、人や動物の首から上の部分。また、顔を除いた上の部分。脳の働き。人数。

【頭の語源・由来】

「当間(あてま)」の転で灸点に当たる所の意味や、「天玉(あたま)」「貴間(あてま)」の意味など諸説あるが未詳。
古くは「かぶ」「かしら」「かうべ(こうべ)」と言い、「かぶ」は奈良時代には古語化していたとされる。
「かしら」は奈良時代から見られ、頭を表す代表語となっていた。
「こうべ」は平安時代以降に見られるが、「かしら」に比べ用法や使用例が狭く、室町時代には古語化し、「あたま」が徐々に使われるようになった。
「あたま」は、もとは前頭部中央の骨と骨の隙間を表した語で、頭頂や頭全体を表すようになったが、まだ「かしら」が代表的な言葉として用いられ、「つぶり」「かぶり」「くび」などと併用されていた。
しだいに「あたま」が勢力を広げて代表的な言葉となり、脳の働きや人数を表すようにもなった。

【関連語】

顎(あご) 鰯の頭も信心から 項(うなじ)
烏帽子(えぼし) おつむ おでこ
顔(かお) 傘・笠(かさ) 頭(かしら)
数(かず) カツラ・鬘(かつら) 兜(かぶと)
頭(かぶり) 髪(かみ) 体(からだ)
雁首(がんくび) キャップ キャロット(帽子)
金柑頭(きんかあたま) 首・頸(くび) ケイトウ・鶏頭(けいとう)
頭・首(こうべ) 心(こころ) 蟀谷(こめかみ)
三度笠(さんどがさ) シャッポ シャンプー
神経(しんけい) 頭巾(ずきん) ターバン
角(つの) 旋毛(つむじ) テンガロンハット
頭角を現す(とうかくをあらわす) 頭取(とうどり) トリートメント
鳥打ち帽子(とりうちぼうし) 梨子打ち烏帽子 人間(にんげん)
額(ぬか) バカ・馬鹿(ばか) ハゲ・禿(はげ)
禿げ茶瓶(はげちゃびん) ハチマキ・鉢巻(はちまき) ハット
バンダナ 額(ひたい) 人(ひと)
飛竜頭(ひりょうず) 鬢(びん) フード(頭巾)
雲脂・頭垢(ふけ) 帽子(ぼうし) 骨(ほね)
盆の窪(ぼんのくぼ) 前頭(まえがしら) 枕(まくら)
饅頭(まんじゅう) 揉み上げ(もみあげ) 羊頭狗肉(ようとうくにく)
竜頭(りゅうず) 竜頭蛇尾(りゅうとうだび) リンス

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

頭(あたま)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
頭のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典
「頭」を含む四字熟語一覧 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス