足元を見る

【意味】 足元を見るとは、相手の弱点を見つけて付け込む。足元に付け込む。足下を見る。足許を見る。

【足元を見るの語源・由来】

街道筋や宿場などで、駕籠舁き(かごかき)や馬方(うまかた)が旅人の足元を見て疲れ具合を見抜き、それによって値段を要求していた。
客は法外な値段であっても疲れていればその金額で了承してしまうことから、相手の弱みにつけこむことを「足元を見る」や「足元につけこむ」と言うようになった。

【関連語】

あくどい 阿漕(あこぎ) 足・脚・肢(あし)
海千山千(うみせんやません) 粗を探す(あらをさがす) 駆け引き(かけひき)
鎌をかける(かまをかける) がめつい 勘定高い(かんじょうだかい)
客(きゃく) 具合(ぐあい) 小賢しい(こざかしい)
虎視眈眈(こしたんたん) 狡い(ずるい) 世知辛い(せちがらい)
旅(たび) ダフ屋(だふや) ちょろまかす
疲れる(つかれる) ポン引き(ぽんびき) 見る(みる)
宿(やど) 弱い(よわい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス