アシカ

【意味】 アシカとは、食肉目アシカ科の海生哺乳類の総称。トド・オットセイなどもその一種。古名「うみうそ(うみおそ)」「みち」。

【アシカの語源・由来】

アシカの語源には、葦の生えるところに棲む鹿の意味で「アシシカ(葦鹿)」が転じたとする説と、海に棲む鹿の意味で「アマシカ(海鹿)」が転じたとする説がある。
アシカの「シカ」が「鹿」と考えられるのは、頭部が角のないメスの鹿(トナカイを除く)と似ているためで、これを語源として間違いないであろう。
アシカの「ア」は、「アシ」と「アマ」に分かれるが、アシカは体が大きく、葦の群生するところで活動することは困難と思われるため「アシ(葦)」の説は考え難い。
一方、「amasika」から「amsika」更に「asika」というように、唇音の「m」が消失して変化することは十分に考えられるため、アマ(海)に棲む鹿の意味と考えるのが妥当である。
漢字の「海驢」は、海に棲むロバの意味である。

【関連語】

アザラシ・海豹(あざらし) アシ・葦・蘆・葭(あし) 頭(あたま)
イッカク・一角(いっかく) イルカ・海豚(いるか) 海(うみ)
ウミウソ・海獺(うみうそ) オタリア オットセイ・膃肭臍(おっとせい)
カワウソ・獺・川獺(かわうそ) クジラ・鯨(くじら) 獣(けもの)
サカマタ・逆叉・逆戟(さかまた) シカ・鹿(しか) 獣・鹿・猪(しし)
シャチ・鯱(しゃち) ジュゴン・儒艮(じゅごん) スナメリ・砂滑(すなめり)
セイウチ・海象・海馬 角(つの) トド・海馬(とど)
トナカイ ビーバー マナティー
ミチ・海驢(みち) メス・雌・牝(めす) ラッコ
ロバ・驢馬(ろば)

【関連リンク】

「アシカ」「アザラシ」「セイウチ」の違い

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス