【意味】 足とは、動物の胴から下に分かれ、体を支えたり歩行に使ったりする部分。

【足の語源・由来】

足の語源は諸説あり、正確な語源は未詳であるが、体の汚い部分で「悪し」の意味からとする説や、「端(はし)」が転じたとする説が有名である。
漢字の「足」はヒトに用いられ、哺乳動物に「肢」、昆虫に「脚」を用いることが多い。
また、足首からつま先までを「足」、足首から骨盤までを「脚」と書き分けることもある。

【関連語】

アキレス腱(あきれすけん) 揚げ足を取る(あげあしをとる) 顎足付き(あごあしつき)
足元を見る(あしもとをみる) 足を洗う(あしをあらう) アッシー
歩く(あるく) 浮き足立つ(うきあしだつ) ウマノアシガタ・馬の足形
御足・御銭(おあし) 踵(かかと) 体(からだ)
汚い(きたない) 踵(きびす) 脚色(きゃくしょく)
脚本(きゃくほん) 脚立(きゃたつ) 脚光(きゃっこう)
靴・沓・履(くつ) 靴下(くつした) 踝(くるぶし)
車(くるま) ゲソ・下足(げそ) 下駄(げた)
腰(こし) こむら返り(こむらがえり) 昆虫(こんちゅう)
サンダル 地下足袋(じかたび) 尻(しり)
スニーカー 脛・臑(すね) ズボン
スリッパ 雪駄(せった) 草履(ぞうり)
ソックス 蛇足(だそく) 足袋(たび)
千鳥足(ちどりあし) 爪(つめ) 手(て)
手足口病(てあしくちびょう) 二の足を踏む(にのあしをふむ) 人間(にんげん)
馬脚を露わす 端(はし) 走る(はしる)
跣・裸足(はだし) パンプス 膝(ひざ)
人(ひと) ブーツ 脹脛(ふくらはぎ)
太股・太腿(ふともも) ペディキュア 弁慶の泣き所
股(また) ミュール ムカデ・百足(むかで)
向こう脛(むこうずね) 股・腿(もも) 指(ゆび)
草鞋(わらじ) 悪い(わるい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス