あせも

【意味】 あせもとは、汗疹性湿疹(かんしんせいしっしん)の俗称。多量の汗をかいた後、汗腺がふさがってできる小さく赤い丘疹。かんしん。あせぼ。

【あせもの語源・由来】

あせもは、「あせぼ」とも呼ばれる。
「あせぼ」は「あせいぼ(汗疣)」が変化した語であるが、「あせも」の方が古いことから、「あせぼ」は「あせも」につられて変化したものと考えられる。
あせもの語源には、「あせもの(汗物)」や「あせぶ・あせふ(汗生)」など諸説ある。
「も」の語源は未詳だが、「天然痘」を古くは「いもがさ」や「もがさ」と言い、「あばた」は「いもがさ」を略して「いも」と呼ばれていたことから、「も」はこれらの語と関連性があり、「あせもがさ」や「あせいも」が転じたものと思われる。
漢字の「汗疹」の本来の読みは「かんしん」で、「疹」は小さな吹き出物を表す。
「汗疹」を「あせも」と読むのは流用で、漢字に「も」の意味を求めることはできない。

【関連語】

赤(あか) 皹・皸(あかぎれ) 痣(あざ)
汗(あせ) アトピー 痘痕(あばた)
アレルギー 疣(いぼ) 魚の目(うおのめ)
膿(うみ) 御出来(おでき) 痒い(かゆい)
皮・革(かわ) ケガ・怪我(けが) 傷(きず)
瘤(こぶ) 痔(じ・ぢ) 霜焼け(しもやけ)
皺・皴(しわ) 蕁麻疹(じんましん) 雀斑(そばかす)
胼胝・胝(たこ) 田虫(たむし) たん瘤(たんこぶ)
小さい(ちいさい) ニキビ・面皰(にきび) 麻疹(はしか)
肌・膚(はだ) 皹・皸・胼(ひび) 贅(ふすべ)
砲創・砲瘡(ほうそう) 黒子(ほくろ) 肉刺(まめ)
水虫(みずむし) 面疔(めんちょう) 蒙古斑(もうこはん)
物貰い(ものもらい) 火傷(やけど) 腋臭(わきが)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス