あさり

【意味】 あさりとは、マルスダレガイ科の二枚貝。淡水が流れ込む内湾の砂泥水にすむ。殻表は布目状で色・模様はさまざま。

【あさりの語源・由来】

あさりの語源は、「アサリガイ(求食貝)」の意味や、「浅い水に住む貝」の意味、「サリ」は「砂利」と同語で「砂中にいる貝」の意味など諸説ある。
あさりは、古代から代表的な食用貝とされ、潮干狩りの主要な獲物となっている。
また、「あさる(漁る)」という言葉自体が、あさりのような浅海にすむ貝や魚をとるところから生じたと考えられており、あさりの語源は「あさる(漁る)」で「アサリガイ(求食貝)」の説が妥当であろう。

【関連語】

アオヤギ・青柳(あおやぎ) アカガイ・赤貝(あかがい) アコヤガイ・阿古屋貝
浅い(あさい) 漁る(あさる) イガイ・貽貝(いがい)
イタヤ・板屋貝(いたやがい) 海(うみ) オイスター
貝(かい) カキ・牡蠣(かき) 殻(から)
カラスガイ・烏貝 潮干狩り(しおひがり) シオフキガイ・潮吹き貝
時雨煮(しぐれに) シジミ・蜆(しじみ) 砂利(じゃり)
砂(すな) タイラギ 佃煮(つくだに)
トリガイ・鳥貝(とりがい) 泥(どろ) バカガイ・馬鹿貝(ばかがい)
ハマグリ・蛤(はまぐり) ホタテ・帆立貝(ほたてがい) ホッキガイ・北寄貝
ボンゴレ マテガイ・馬蛤貝・馬刀貝 水(みず)
ワスレガイ・忘れ貝

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス