朝顔

【意味】 朝顔とは、ヒルガオ科の蔓性一年草。アジア原産。蔓は左巻き。夏の早朝、ラッパ状の花を開き、昼前にしぼむ。シノノメグサ。

【朝顔の語源・由来】

奈良時代末期もしくは平安時代初期、中国から薬用植物として渡来した。
当初、漢名の「牽牛子(ケニゴシ・ケンゴシ)」で呼ばれ、のちに「アサガオ」となった。
アサガオの語源は、早朝に咲くことから「朝の顔」という意味ではなく、早朝に開花し、昼にはしぼんでしまう特徴を、朝の美人の顔に喩えた「朝の容花(かおばな)」の意味といわれる。
ただし、牽牛子が「朝顔」と呼ばれる以前から、「キキョウ」や「ムクゲ」が「アサガオ」と呼ばれ、『万葉集』で「朝顔」と詠まれたのも「キキョウ」である。
「キキョウ」や「ムクゲ」は昼を過ぎても咲いているので、「朝の容花」の説は誤りのようにも思えるが、「ムクゲ」は朝開いて夕方にしぼむところから別名を「槿花」と言いうように、「朝の容花」が表す僅かな時間は、現在の朝顔(牽牛子)よりも長いものであったようである。
そして、午前中しか咲いていない牽牛子の花が、よりふさわしいと考えられ、牽牛子を指すようになったと思われる。

【関連語】

朝(あさ) アサガオガイ・朝顔貝 アサガオムシ・朝顔虫
雨降り花(あめふりばな) 顔(かお) キキョウ・桔梗(ききょう)
キンカ・槿花(きんか) 草(くさ) 咲く(さく)
サツマイモ・薩摩芋(さつまいも) シノノメグサ・東雲草 萎む・凋む(しぼむ)
シロカンショ・白甘藷 ソライロアサガオ・空色朝顔 蔓(つる)
夏(なつ) ネナシカズラ・根無葛 花・華(はな)
ハマヒルガオ・浜昼顔 昼(ひる) ヒルガオ・昼顔(ひるがお)
マメダオシ・豆倒(まめだおし) ムクゲ・木槿・槿(むくげ) ヤラッパ
ユウガオ・夕顔(ゆうがお) 夕方(ゆうがた) ヨウサイ・甕菜(ようさい)
ヨルガオ・夜顔(よるがお) ラッパ・喇叭(らっぱ) ルコウソウ・縷紅草・留紅草

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

アサガオ・朝顔のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス