アロマテラピー

【意味】 アロマテラピーとは、薬草や花などの植物から抽出した精油の香りを用いて、健康や美容、リラクゼーションに役立てる芳香療法。アロマセラピー。アロマ。

【アロマテラピーの語源・由来】

アロマテラピーは、フランス語「aromatherapie」からの外来語で、「アロマセラピー(aromatherapy)」は英語での発音である。
アロマテラピーは、フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセによる造語で、「アロマ」が「芳香」、「テラピー」が「療法」を意味する。
1920年代、フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセが研究中の爆発で火傷を負い、火傷した箇所にラベンダーの精油を浸したところ痛みが軽減し、火傷の跡も残らなかった。
その経験から、ガットフォセ博士は精油の研究に力を注ぎ、1928年に学会で発表。
1937年に出版した「アロマテラピー」というタイトルの本が、1977年に英訳されたことでイギリスで流行し、世界に広まっていった。

【関連語】

油・脂・膏(あぶら) 按摩(あんま) インセンス
エステ エッセンシャルオイル オイル
オーデコロン オードトワレ オードパルファム
お灸(おきゅう) カイロプラクティック 香り・薫り・馨り(かおり)
体(からだ) 木・樹(き) キャンドル
草(くさ) 薬(くすり) サプリメント
シャワーコロン ストレス スパイス
タラソテラピー ツボ テイスト
デトックス トリートメント ドレナージュ
ハーブ パヒューム フレグランス
フレーバー ポプリ マッサージ
火傷(やけど) ヨーガ・ヨガ ラベンダー
ランプ リフレクソロジー リラックス
リンパ レイキ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス