アリ

【意味】 アリとは、膜翅目アリ科の昆虫の総称。体長は2~10ミリ程度。体色は黒か赤褐色。

【アリの語源・由来】

アリの語源には、「ア」が「小」、「リ」が助詞で、小虫の意味とする説。
多く集まる虫であることから、「アツマリ(集まり)」の中略説。
穴に出入りすることから、「アナイリ(穴入)」の意味。
よく歩くことから、「アリク(歩く)」の意味。
前後のくびれがあることから、「アリ(有)」の意味といった説がある。
これらのうち、「アリク(歩く)」と「アリ(有)」の説が有力であるが未詳。
この二説から派生した「アシアリ(脚有)」の意味とする説もある。
アリは地中に巣を作り、規律正しい共同生活を営むことから、「虫」に「義(行儀正しい)」で、「蟻」という漢字になった。

【関連語】

アカヤマアリ・赤山蟻 足・脚・肢(あし) アシナガアリ・脚長蟻
アミメアリ・網目蟻(あみめあり) アメイロアリ・飴色蟻 アリクイ・蟻食・食蟻獣
アリグモ・蟻蜘蛛(ありぐも) アリジゴク・蟻地獄(ありじごく) アリヅカムシ・蟻塚虫
アリノヒフキ・蟻の火吹き アリマキ・蟻巻(ありまき) 有る・在る(ある)
歩く(あるく) アント イエヒメアリ・家姫蟻
ウンカ・浮塵子・白蝋虫(うんか) オオズアリ・大頭蟻(おおずあり) オオハリアリ・大針蟻
蚊(か) キイロシリアゲアリ・黄色尻上蟻 クロオオアリ・黒大蟻
クロナガアリ・黒長蟻 クロヤマアリ・黒山蟻 コガネムシ・黄金虫・金亀子
ゴキブリ コシカケアリ・腰掛け蟻 昆虫(こんちゅう)
サムライアリ・侍蟻(さむらいあり) シラミ・虱・蝨(しらみ) シロアリ・白蟻(しろあり)
スズメバチ・雀蜂(すずめばち) 小さい(ちいさい) テラニシアリ・寺西蟻
テントウムシ・天道虫 トゲアリ・棘蟻(とげあり) トゲズネハリアリ・棘脛針蟻
トビイロケアリ・鳶色毛蟻 トビイロシワアリ・鳶色皺蟻 ニセハリアリ・偽針蟻
ノミ・蚤(のみ) ハエ・蠅・蝿(はえ) ハチ・蜂(はち)
ハムシ・葉虫・金花虫(はむし) ホタル・蛍(ほたる) ミカドオオアリ・帝大蟻
ムカデ・百足(むかで) 虫(むし) ムネアカオオアリ・胸赤大蟻
ヤスデ・馬陸(やすで) 薮蚊・藪蚊(やぶか) ルリアリ・瑠璃蟻(るりあり)

【関連リンク】

「蟻」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧
「アリ」の雑学一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス