【意味】 嵐とは、激しく吹く風。暴風。雨・雪・雷を伴なう荒れ狂った風にもいう。

【嵐の語源・由来】

嵐は、「あらし(荒風)」と考えられる。
形容詞「荒し」が名詞化とも考えられるが、「かぜ(風)」の「ぜ」と同じく「し」は「風」の意味であろう。
古くは、山から吹きおろしてくる風を「あらし」と呼んでおり、『万葉集』などでは、「山風」「下風」「山下」などの漢字が当てられている。
山から吹き下ろす風を「あらし」と言い、アクセントも「おろし(颪)」と同じであることから、「おろし」との関係も考えられる。

【関連語】

雨(あめ) 荒々しい(あらあらしい) 荒い・粗い(あらい)
アラシグサ・嵐草(あらしぐさ) 霰(あられ) 雷(いかずち)
イナズマ・稲妻(いなずま) 颪(おろし) 下ろす・降ろす(おろす)
風・風邪(かぜ) カミナリ・雷(かみなり) 狐の嫁入り(きつねのよめいり)
雲(くも) 曇り(くもり) 木枯らし(こがらし)
東風(こち) サイクロン 五月雨(さみだれ)
時雨(しぐれ) 時化(しけ) 篠突く雨(しのつくあめ)
ストーム 戦ぐ(そよぐ) 空(そら)
台風(たいふう) 津波(つなみ) 梅雨(つゆ)
天気(てんき) 菜種梅雨(なたねづゆ) 疾風(はやて)
ハリケーン 春一番(はるいちばん) 晴れ(はれ)
氷雨(ひさめ) 雹(ひょう) 吹く(ふく)
吹雪(ふぶき) 霙(みぞれ) メイストーム
山(やま) 雪(ゆき)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス