あらまし

【意味】 あらましとは、概略。おおかた。大筋。

【あらましの語源・由来】

あらましは、動詞「あり(有り・在り)」に推量の助動詞「まし」が付いた語。
本来は「希望」や「願い」などを意味した言葉で、中世前期頃から意味が変化し、「予想」や「予定」を表すようになった。
こうあってほしいという希望や期待、予定のことは「あらましごと」という。
「概略」の意味で用いられるようになったのは中世末頃からで、予定というのは確実なものではなく、大雑把にしかいえないことであるところからと考えられる。

【関連語】

遍く・普く(あまねく) 洗い浚い(あらいざらい) 粗方(あらかた)
粗筋・荒筋(あらすじ) あらゆる 有りっ丈(ありったけ)
有る・在る(ある) 一切合財(いっさいがっさい) 大雑把(おおざっぱ)
概ね(おおむね) 押し並べて(おしなべて) 凡そ(およそ)
掻い摘む(かいつまむ) 隈無く(くまなく) 挙る(こぞる)
ごっそり 悉く・尽く(ことごとく) サマリー
シルエット すっかり 全て・総て・凡て(すべて)
全然(ぜんぜん) そっくり ダイジェスト
大体(だいたい) 大抵(たいてい) 具に・備に(つぶさに)
願う(ねがう) 猫も杓子も(ねこもしゃくしも) 軒並み(のきなみ)
望む・臨む(のぞむ) ピンからキリまで 殆ど(ほとんど)
全く(まったく) 満遍なく(まんべんなく) 皆(みな・みんな)
目鼻が付く(めはながつく) 万・萬(よろず) レジュメ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス