洗い

【意味】 洗いとは、刺身の一種。コイ・コチ・スズキなどの新鮮な白身魚を薄く切り、冷水や氷にさらしたもの。洗膾。洗魚。

【洗いの語源・由来】

洗いは、冷水で洗うところから付いた名で、動詞「洗う」の名詞形。
漢字表記は「洗い」や「洗魚」のほか、元々は「洗い鱠(膾:なます)」と言ったことから、「洗膾(洗鱠)」とも書く。
洗いには、フッコ・クロダイ・ボラ・エビ・カニなども材料とされる。

【関連語】

あがり(お茶) 洗う(あらう) 飯鮨・飯寿司(いいずし・いずし)
飯無し鮨(いいなしずし) 一夜鮨(いちやずし) 稲荷寿司(いなりずし)
卯の花寿司(うのはなずし) 江戸前(えどまえ) エビ・海老・蝦(えび)
恵方巻き(えほうまき) 大阪鮨(おおさかずし) 尾頭付き(おかしらつき)
お造り(おつくり) かっぱ巻き(かっぱまき) カニ・蟹(かに)
ガリ カルパッチョ 切る・斬る・伐る(きる)
腐り鮨(くさりずし) クロダイ・黒鯛(くろだい) 軍艦巻き(ぐんかんまき)
毛抜き鮨(けぬきずし) コイ・鯉(こい) 氷(こおり)
杮寿司(こけらずし) コチ・鯒・牛尾魚(こち) 魚(さかな)
刺身(さしみ) 刺身のつま(さしみのつま) サラダ
信太寿司(しのだずし) シャリ・舎利(しゃり) 醤油(しょうゆ)
助六寿司(すけろくずし) 寿司・鮨・鮓(すし) スズキ・鱸(すずき)
雀鮨・雀寿司(すずめずし) タタキ タルタルステーキ
散らし寿司(ちらしずし) 釣瓶鮨(つるべずし) 鉄火巻き(てっかまき)
てっさ・てっちり トロ 膾・鱠(なます)
馴れ寿司・熟れ鮨(なれずし) 饅(ぬた) バッテラ
フッコ ボラ・鯔・鰡(ぼら) 水(みず)
味噌(みそ) 弥助鮨(やすけずし) ユッケ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス