青柳

【意味】 青柳とは、バカガイのむき身。

【青柳の語源・由来】

千葉県青柳村(現在の千葉県市原市青柳)で多く採れたことから、村名に由来する説が定説となっている。
ただし、バカガイの足は細長く出て、柳の葉に似ていることから名付けられたとする説もあり、正確な語源は未詳である。

【関連語】

青(あお) アカガイ・赤貝(あかがい) アコヤガイ・阿古屋貝
アサリ・浅蜊(あさり) 足・脚・肢(あし) イガイ・貽貝(いがい)
イタヤ・板屋貝(いたやがい) オイスター 貝(かい)
カキ・牡蠣(かき) 殻(から) カラスガイ・烏貝
シオフキガイ・潮吹き貝 シジミ・蜆(しじみ) タイラギ
トリガイ・鳥貝(とりがい) 葉(は) バカガイ・馬鹿貝(ばかがい)
ハマグリ・蛤(はまぐり) ホタテ・帆立貝(ほたてがい) ホッキガイ・北寄貝
マテガイ・馬蛤貝・馬刀貝 身(み) 村(むら)
ヤナギ・柳・楊柳(やなぎ) ワスレガイ・忘れ貝

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス