アオリイカ

【意味】 アオリイカとは、ジンドウイカ科のイカ。胴長約45センチ。左右に緑色の幅広いひれがつく。肉は厚く、刺身やするめにする。ミズイカ。モイカ。

【アオリイカの語源・由来】

アオリイカの「アオリ」とは、馬具の一種で、泥よけのための革製の用具「あおり(障泥・泥障)」のこと。
緑色の幅広いヒレが、この「あおり」に似ていることから、「アオリイカ」と呼ばれるようになった。
アオリイカのヒレは団扇のような形をしており、そのヒレを煽るように動かすことから、「煽烏賊」を語源とする説もある。
しかし、「煽り」の方が一般に知られる漢字で、「障泥(あおり)」という馬具自体、さほど認知されていないにも関わらず、「アオリイカ」は漢字で「障泥烏賊」と表記されることから、「煽烏賊」を語源とする説は考え難い。

【関連語】

障泥・泥障(あおり) 煽る(あおる) アカイカ・赤烏賊(あかいか)
あたりめ 厚い・篤い(あつい) イカ・烏賊(いか)
団扇(うちわ) カミナリイカ・雷烏賊 ゲソ・下足(げそ)
ケンサキイカ・剣先烏賊 コウイカ・甲烏賊(こういか) ゴトウイカ・五島烏賊
サクライカ・桜烏賊(さくらいか) 刺身(さしみ) サヤナガ・鞘長(さやなが)
塩辛(しおから) シリクサリ・尻腐(しりくさり) シリヤケイカ・尻焼烏賊
ジンドウイカ・陣胴烏賊 スミイカ・墨烏賊(すみいか) スルメ・鯣(するめ)
スルメイカ・鯣烏賊 ダイオウイカ・大王烏賊 タコイカ・蛸烏賊(たこいか)
ダンゴイカ・団子烏賊 ツツイカ・筒烏賊(つついか) トビイカ・鳶烏賊(とびいか)
泥(どろ) 肉(にく) ハナイカ・花烏賊(はないか)
ハリイカ・針烏賊(はりいか) ハリナシコウイカ・針無甲烏賊 鰭(ひれ)
ボウズイカ・坊主烏賊 ホタルイカ・蛍烏賊 マツイカ・松烏賊(まついか)
マツカサイカ・松笠烏賊 ミズイカ・水烏賊(みずいか) 緑(みどり)
ミミイカ・耳烏賊(みみいか) モイカ・藻烏賊(もいか) モンゴウイカ・紋甲烏賊
ヤリイカ・槍烏賊(やりいか) ユウレイイカ・幽霊烏賊

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス