青二才

【意味】 青二才とは、年が若く、未熟な人をののしっていう言葉。男性に対して使われる。

【青二才の語源・由来】

青二才の「青」は、「青臭い」や「青侍」などと用いるように、未熟な者を表す接頭語。
青二才の「二才」には二通りの説があり、正確な語源は未詳。
ひとつは、若者組(現在の青年団)に入るニューフェイスを「新背(にいせ)」といい、転訛して「にさい」になったとする説。
この説では、新来者を馬鹿にする言葉として「青にせー」という語が生まれ、「五才」を「ごせー」「六才」を「ろくせー」と言うことから、「二才」の字が当てられ「青二才」になったとされる。
九州の南部地方では、若者を「にせー」や「にさい」とも言う。
もうひとつは、ボラなどの稚魚を「二才魚」「二才子」「二才」などと呼ぶことから喩え、「青二才」になったとする説で、一般的にはこの説が有力とされている。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

青二才(あおにさい)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス