青菜に塩

【意味】 青菜に塩とは、人が気力や元気をなくして、しょげるさま。

【青菜に塩の語源・由来】

青菜に塩の「青菜」は、ほうれん草や小松菜など緑色の葉菜のこと。
生き生きした新鮮な青菜でも、塩をふりかけると水分を失ってしおれてしまうことから、急にしょげるさまを言うようになった。
元気のあった人が急に勢いをなくすことをいう言葉なので、最初から元気のなかった人や、悪いことが重なったため気力をなくした場合には用いない。
類句には「なめくじに塩」、同意句には「青菜を湯につけたよう」がある。

【関連語】

青(あお) 項垂れる(うなだれる) 肩を落とす(かたをおとす)
がっかり・がっくり 腐る(くさる) 挫ける(くじける)
元気(げんき) コマツナ・小松菜(こまつな) 塩(しお)
萎れる(しおれる) 沈む(しずむ) 悄気る(しょげる)
しょぼい・しょぼしょぼ センチメンタル 箍が緩む(たががゆるむ)
菜(な) ナーバス 萎える(なえる)
ナメクジ・蛞蝓(なめくじ) 糠喜び(ぬかよろこび) ノイローゼ
葉(は) 拍子抜け(ひょうしぬけ) 塞ぐ・鬱ぐ(ふさぐ)
憮然(ぶぜん) ホウレン草(ほうれんそう) 水(みず)
緑(みどり) 空しい・虚しい(むなしい) 滅入る(めいる)
メランコリー 面食らう(めんくらう) 物憂い(ものうい)
遣る瀬無い(やるせない) 湯(ゆ) 憂鬱(ゆううつ)
落胆(らくたん) 竜頭蛇尾(りゅうとうだび)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

青菜に塩の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス