アオダイショウ

【意味】 アオダイショウとは、ナミヘビ科のヘビ。体長は2メートル前後で日本では最大。背面は青みがかった暗緑色。無毒。ネズミトリ。サトメグリ。ヤシキマワリ。

【アオダイショウの語源・由来】

アオダイショウの「アオ」は、背面が青みがかった色をしていることからの名。
アオダイショウの「ダイショウ(ダイシヤウ)」は、「ダイジャ(大蛇)」の音変化で、本来は「アオダイジャ(青大蛇)」であったとする説がある。
これは、新井白石の語源研究書『東雅』のカラスヘビの注にある「今俗に青大蛇といふは緑蛇也」や、『和漢三才図会』の「青蛇(アオジャウ)」といった例からヒントを得たものと思われる。
しかし、アオダイショウは日本で最大の蛇であるため、蛇の中の長として「大将」と命名されたと考える方が自然であろう。
また、『東雅』や『和漢三才図会』よりも少し古い『本朝食鑑』には、子供によって名付けられたと記されている。
子供であれば「大蛇」よりも「大将」の方が命名しやすいはずであるし、子供が「青大蛇」を「青大将」と呼ぶようにしたとしても、音変化は命名に当たらないため、「青い蛇の大将」で「青大将」とする説が妥当と思われる。

【関連語】

青(あお) アナコンダ アマガサヘビ・雨傘蛇
アミメニシキヘビ・網目錦蛇 色(いろ) ウミヘビ・海蛇(うみへび)
蟒蛇(うわばみ) 大きい(おおきい) 長(おさ)
大蛇(おろち) ガラガラヘビ・がらがら蛇 ガラスヒバア
カラスヘビ・烏蛇(からすへび) キングヘビ・キング蛇 クサリヘビ・鎖蛇(くさりへび)
蛇(くちなわ) 蝮(くちばみ) コブラ
サイドワインダー サトメグリ・里回り(さとめぐり) サンドバイパー
シマヘビ・縞蛇(しまへび) ジムグリ・地潜(じむぐり) シロマダラ・白斑(しろまだら)
スネーク 毒(どく) ニシキヘビ・錦蛇(にしきへび)
ネズミトリ・鼠取り・鼠捕り パイソン ハブ・波布・飯匙倩(はぶ)
ハミ・蝮(はみ) ヒバカリ・日計・竹根蛇 ヒャッポダ・百歩蛇
ヘビ・蛇(へび) ボア(ヘビ) マムシ・蝮(まむし)
緑(みどり) メガネヘビ・眼鏡蛇 メクラヘビ・盲蛇(めくらへび)
ヤシキマワリ・屋敷廻り ヤマカガシ・赤楝蛇・山楝蛇 蟒蛇(やまかがち)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス