あんず

【意味】 あんずとは、バラ科の落葉小高木。中国原産。早春、梅に似た花が咲く。実は梅より少し大きく、生食・ジャム・果実酒などにする。アプリコット。

【あんずの語源・由来】

あんずは、中国語名「杏子」の唐音。
中国では、「杏」は木の名前、「子」は実を表す。
日本へあんずが渡来したのは大和時代といわれ、905年の『古今和歌集』には「カラモモ(唐桃)」の名で出てくる。
漢方ではあんずの種子を「杏仁(きょうにん)」といい、咳止め薬の原料とする。

【関連語】

アーモンド アップル アプリコット
アンズタケ・杏茸(あんずたけ) 杏仁豆腐(あんにんどうふ) イチゴ・苺(いちご)
イチョウ・銀杏・公孫樹 イヌザクラ・犬桜(いぬざくら) ウメ・梅(うめ)
大島桜(おおしまざくら) カイドウ・海棠(かいどう) カリン・花梨(かりん)
木・樹(き) キイチゴ・木苺(きいちご) 銀杏(ぎんなん)
薬(くすり) 果物(くだもの) 咲く(さく)
サクラ・桜(さくら) サクランボ 酒(さけ)
サンザシ・山査子(さんざし) ジャム シャリンバイ・車輪梅
ストロベリー スモモ・李(すもも) ソメイヨシノ・染井吉野
種(たね) チェリー デザート
ナシ・梨(なし) ナナカマド・七竈 バクチノキ・博打の木
ハタンキョウ・巴旦杏 花・華(はな) ハマナス・浜茄子(はまなす)
バラ・薔薇(ばら) ピーチ 彼岸桜(ひがんざくら)
ビワ・枇杷(びわ) プラム フルーツ
プルーン ヘビイチゴ・蛇苺(へびいちご) ボケ・木瓜(ぼけ)
実(み) モモ・桃(もも) 八重桜(やえざくら)
ヤマブキ・山吹(やまぶき) ユキヤナギ・雪柳(ゆきやなぎ) ラズベリー
リンゴ・林檎(りんご)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス