暗中模索

【意味】 暗中模索とは、暗闇の中で、手探りで探すこと。手がかりのないまま、いろいろ試してみること。

【暗中模索の語源・由来】

暗中模索は、『隋唐嘉話(ずいとうかわ)』の以下の故事に由来する。
唐の国の許敬宗(きょけいそう)という政治家は、宰相までつとめ、文才にも優れた人物であったが、物忘れがひどく、会った人の名前も覚えていないことが多かった。
ある人が許敬宗に対し、「何晏(かあん)、劉楨(りゅうてい)、沈約(しんやく)、謝霊運(しゃれいうん)といった有名人に会ったら、暗闇を探ってでも彼らを知りたくなるだろう。」と言い、傲慢で人の名前も覚えない許敬宗に忠告をしたという。
暗中模索の「模索」は手探りでさがすことを意味し、元来「摸索」と書くが、「摸」の字が常用外のため「模索」が代用字として使われている。

【関連語】

漁る(あさる) 当てずっぽう(あてずっぽう) 粗を探す(あらをさがす)
インスピレーション 鵜の目鷹の目(うのめたかのめ) 温故知新(おんこちしん)
ガサ入れ(がさいれ) 勘(かん) くノ一(くのいち)
暗い(くらい) 五里霧中(ごりむちゅう) 探る(さぐる)
彷徨う・さ迷う(さまよう) 試金石(しきんせき) 試行錯誤(しこうさくご)
スパイ 第六感(だいろっかん) 手(て)
物色(ぶっしょく) 道標(みちしるべ) 目から鱗が落ちる
めぼしい 目安(めやす) 闇(やみ)
山勘(やまかん) 忘れる(わすれる)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

暗中模索(あんちゅうもさく)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
暗中模索の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典
暗中模索の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス