按摩

【意味】 按摩とは、体をもんだり叩いたりして、筋肉の凝りをほぐしたり、血行をよくする治療法。また、それを業とする人。あん摩。

【按摩の語源・由来】

按摩の「按」は、つくりの「安」に「落ち着ける」「しずめる」の意味があり、「手+安」で「手で下におさえる」を表す。
そこから、「おさえる」の意味になった。
按摩の「摩」の「麻」は「すりもんで繊維をとるあさ」を表し、「手+麻」の「摩」は「手ですりつぶす」の意味となる。
そこから、「さする」「もむ」の意味になった。

【関連語】

アロマテラピー エステ お灸(おきゅう)
押す・圧す(おす) カイロプラクティック 体(からだ)
凝る(こる) 摩る・擦る(さする) 叩く・敲く(たたく)
タラソテラピー 潰す(つぶす) ツボ
手(て) デトックス トリートメント
ドレナージュ 撫でる(なでる) 鍼(はり)
解す(ほぐす) マッサージ 揉む(もむ)
ヨーガ・ヨガ リフレクソロジー リンパ
レイキ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス