アンコウ

【意味】 アンコウとは、アンコウ目アンコウ科の海水魚の総称。口が大きく、体は縦扁し、丸い。

【アンコウの語源・由来】

アンコウの語源には、その色から「アカヲ(赤魚)」が転じたとする説。
肉食で歯が発達し大きなアゴをもつことから、「アゴ(顎)」が転じたとする説。
上記二説の語形変化、「アカヲ(赤魚)」が「アコウ」、「アゴ(顎)」が「アンゴ」が相まったとする説。
じっとして動かないことから、一定期間一ヶ所にこもって修行する意味の仏教語「あんご(安居)」が転じたとする説などがある。
しかし、室町時代の辞書『文明本節用集』では「足の有る魚、心気の良薬」、江戸時代の『日葡辞書』では「川魚の一種で、足のある魚」と説明されており、「足」「川」「薬」の三点から、元々はサンショウウオを指したとの見方もある。
また、千葉県の方言でヒキガエルを「アンコ」「アンゴー」と呼ぶように、昔はカエルと混同されていたともいわれ、「アンコウ」が何を指していたのか定かでないため、語源の特定も難しい。

【関連語】

赤(あか) アカグツ・赤靴(あかぐつ) 顎(あご)
足・脚・肢(あし) アナゴ・穴子(あなご) 鮟鱇侍(あんこうざむらい)
鮟鱇の餌待ち(あんこうのえまち) 鮟鱇武者(あんこうむしゃ) 海(うみ)
カエル・蛙(かえる) カエルアンコウ・蛙鮟鱇 カレイ・鰈(かれい)
川・河(かわ) キアンコウ・黄鮟鱇(きあんこう) 薬(くすり)
魚(さかな) サンショウウオ・山椒魚 チョウチンアンコウ・提灯鮟鱇
ドジョウ・泥鰌(どじょう) どぶ汁(どぶじる) ナマズ・鯰(なまず)
ヒキガエル・蟇・蟾蜍・蟇蛙 ヒラメ・平目・鮃(ひらめ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス