アネモネ

【意味】 アネモネとは、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。葉は羽状複葉。花は一重咲きと八重咲きがあり、3~4月頃開花する。牡丹一華。花一華。紅花翁草。

【アネモネの語源・由来】

アネモネは、遡るとラテン語の「anemone」、ギリシャ語の「anemone」に由来する。
ギリシャ語「anemone」は、「anemo」が「風」を意味し、「one」が「子」「娘」で、「風の子」「風の娘」の意味と考えられる。
アネモネが「風」に由来するのは、春風が吹く頃だけ開花するためや、ギリシャ神話で風の神ゼフュロスと恋に落ちた妖精アネモネに由来する説がある。
二説の前後関係は解っていないが、「one」が「子」であれば開花の時期からで、「娘」であればギリシャ神話からであろう。
英語では「anemone(アネモネ)」のほか、「windflower」とも呼ばれる。

【関連語】

アキカラマツ・秋唐松 イチリンソウ・一輪草 ウマノアシガタ・馬の足形
エンコウソウ・猿猴草 オウレン・黄連・黄蓮 オキナグサ・翁草(おきなぐさ)
オダマキ・苧環(おだまき) カザグルマ・風車(かざぐるま) ガショウソウ・鵝掌草
風・風邪(かぜ) 神(かみ) カラマツソウ・唐松草
ガンジツソウ・元日草 キツネノボタン・狐の牡丹 キンバイソウ・金梅草
キンポウゲ・金鳳花 草(くさ) クサボタン・草牡丹
クリスマスローズ クレマチス クロタネソウ・黒種草
子(こ) コトブキグサ・寿草 コマノアシガタ・駒の足形
咲く(さく) サラシナショウマ・晒菜升麻 シナノキンバイ・信濃金梅
シャクヤク・芍薬(しゃくやく) シュウメイギク・秋明菊 セツブンソウ・節分草
センニンソウ・仙人草 タガラシ・田芥(たがらし) ツイタチソウ・朔日草
テッセン・鉄線(てっせん) デルフィニウム トリカブト・鳥兜(とりかぶと)
ニリンソウ・二輪草 葉(は) バイカオウレン・梅花黄蓮
バイカモ・梅花藻(ばいかも) ハクサンイチゲ・白山一華 花・華(はな)
ハナイチゲ・花一華 ハナキンポウゲ・花金鳳花 羽・羽根・翅(はね)
ハンショウヅル・半鐘蔓 ヒエンソウ・飛燕草 吹く(ふく)
フクジュソウ・福寿草 フクベラ ベニバナオキナグサ・紅花翁草
ボタン・牡丹(ぼたん) ボタンイチゲ・牡丹一華 ボタンヅル・牡丹蔓
ミスミソウ・三角草 ミツバオウレン・三葉黄蓮 ミヤマオダマキ・深山苧環
娘(むすめ) モミジカラマツ・紅葉唐松 ヤマシャクヤク・山芍薬
ラナンキュラス ルイヨウショウマ・類葉升麻 レイジンソウ・伶人草
レンゲショウマ・蓮華升麻

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス