行灯

【意味】 行灯とは、木や竹、金属製などの枠に紙を貼り、中に油皿を入れて火をともす照明器具。

【行灯の語源・由来】

行灯は、現代では室内用照明器具であるが、元々は手にさげて持ち歩いていたので、「行灯」と呼ばれるようになった。
「あん」も「どん」も唐音で、「鈴」を「りん」と読むのと同じである。

【関連語】

明かり・明るい 油・脂・膏(あぶら) 小田原提灯
輝く(かがやく) 紙(かみ) カンテラ
木・樹(き) キャンドル 座敷(ざしき)
シャンデリア 鈴(すず) タケ・竹(たけ)
提灯(ちょうちん) 手(て) 照る(てる)
点す・灯す(ともす) ネオン ハロウィン
火(ひ) 光(ひかり) 雪洞(ぼんぼり)
マッチ ランタン ローソク・蝋燭(ろうそく)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス