アンカー

【意味】 アンカーとは、船の錨(いかり)。リレー競技の最終走者・泳者。

【アンカーの語源・由来】

英語「anchor」からの外来語で、「曲がった」を意味する「ank」に由来する。
リレー競技で最後の走者や泳者をいう「アンカー」は、綱引きに由来する。
綱引きの最後尾で重しの役割をする選手を船の錨にたとえて、「アンカー」と呼ぶようになった。
最後尾(最後)の選手であることや、勝負の行方を決める重要な役割であることから、リレー競技の最終走者・泳者も「アンカー」と呼ばれるようになった。

【関連語】

錨・碇(いかり) 後ろ(うしろ) 駅伝(えきでん)
大詰め(おおづめ) 大晦日(おおみそか) お仕舞い・お終い(おしまい)
お開き(おひらき) 重し・重石(おもし) 錘(おもり)
泳ぐ(およぐ) 終わり(おわり) 鎖(くさり)
終局(しゅうきょく) 終盤(しゅうばん) 殿(しんがり)
千秋楽(せんしゅうらく) 晦・晦日(つごもり) 綱(つな)
トリ 走る(はしる) バラスト
ビリ 船・舟(ふね) 曲がる(まがる)
ラスト リレー ロープ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス