あんばい

【意味】 あんばいとは、具合・加減・程度のこと。漢字表記には「塩梅」と「按排」があり、「按排」の別表記として「按配」「案配」「案排」がある。

【あんばいの語源・由来】

塩梅の本来の読みは「えんばい」で、塩と梅酢を合わせた調味料を意味していた。
その味加減が良い物を「塩梅(えんばい)」と言うようになり、現在では酢に味醂(みりん)・酒・砂糖や香辛料を加えて調味した「加減酢(かげんず)」を「塩梅酢(あんばいず)」とも言う。
按排の読みは、元々「あんばい」で、上手く処置するや具合よく並べるといった意味であったが、「塩梅」と「按排」の意味が、よい具合にするという点で似ていたため混同が起こり、「塩梅」も「あんばい」となった。
この混同は中世からと考えられるが、中国でも古くに混同された例が見られる。
また、体調の具合を意味するようになったのは、近世頃とされている。

【関連語】

生憎(あいにく) ウメ・梅(うめ) 具合(ぐあい)
ケチャップ 酒(さけ) 砂糖(さとう)
塩(しお) 醤油(しょうゆ) 酢(す)
ソース タバスコ 都合(つごう)
唐辛子(とうがらし) ポン酢(ぽんず) マヨネーズ
味噌(みそ) 味醂(みりん)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

案配(あんばい)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
塩梅(あんばい)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス