あなご

【意味】 あなごとは、ウナギ目アナゴ科に属する海水魚の総称。普通アマナゴをさす。

【あなごの語源・由来】

日中は岩穴や砂の中に棲む夜行性の魚であることから、「穴子」と呼ばれるようになったとする説が有力とされる。
この説では、「穴籠り(あなごもり)」が変化したとの見方もある。
また、「なご」の語根がうなぎの「なぎ」と共通し、水中に棲む長い生き物を「nag」の音で表していたとも考えられている。
「nag」の音に関連する説では、「長魚(ながうお)」が転じた説がある。

【関連語】

【関連リンク】

「うなぎ」と「あなご」の違い
アナゴ/穴子(あなご)の意味・類語・同音異義語
「穴子」の雑学一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス