あながち

【意味】 あながちとは、下に打ち消しの語を伴ない、断定しきれない気持ちを表す。必ずしも。一概に。まんざら。

【あながちの語源・由来】

本来は、「強引なさま」「身勝手なさま」を示す形容詞として用いられた。
打ち消しを伴なって「むやみに」「一概に」の意味となり、現在用いられるような副詞用法となった。
自分勝手に物事を押し通すさまが原義であることから、あながちの「あな」は「おのれ(己)」の意味で、「あな(己)」+「かち(勝ち)」と考えられている。

【関連語】

一概に(いちがいに) 己(おのれ) 勝手(かって)
必ず(かならず) きっと 然程(さほど)
強いて(しいて) 憖っか(なまじっか) 間違い(まちがい)
満更(まんざら) 無闇(むやみ) 矢鱈(やたら)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス