あみだくじ

【意味】 あみだくじとは、線を引いた片端に当たりや外れの印、金額や賞品などを記載して隠したものを、各自が選択しひきあてるくじ。アミダともいう。

【あみだくじの語源・由来】

あみだくじは新しい言葉であるが、この形式のくじは室町時代から行われていた。
当時は放射線状に線が引かれ、阿弥陀仏の後光に似ていたことから、「阿弥陀の光」と呼ばれていた。
現在は放射線状ではなく、線を平行に引くのが一般的である。

【関連語】

当たる(あたる) 占い(うらない) 御神籤(おみくじ)
クイズ 薬玉(くすだま) 印・標・証(しるし)
線(せん) 謎々(なぞなぞ) 外れる(はずれる)
光(ひかり) 仏(ほとけ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス