アメンボ

【意味】 アメンボとは、半翅目アメンボ科の昆虫の総称。著しく長い中・後脚を広げ、水面に浮んだように滑走する。あめんぼう。

【アメンボの語源・由来】

アメンボの「アメ」は「雨」ではなく「飴」の意味で、「ボ」は「坊」の意味、「ん」は助詞「の」が転じたもので、「飴の坊(飴ん坊)」が語源となる。
アメンボは、体の中央にある臭腺から飴のような甘い臭気を発するため、この名がつけられた。
漢字でも「水黽」「水馬」のほか、「飴坊」と書かれることもある。
「雨ん坊」や「雨坊」を語源とする説は、雨が降った水溜りでよく見かけるためと考えられるが、この説は民間語源である。
江戸時代の江戸では「跳馬(チョウマ)」と呼び、畿内では「水澄(ミズスマシ)」と呼んでいた。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 甘い(あまい) 雨(あめ)
飴(あめ) 蜻蛉・蜉蝣(かげろう) カタツムリ・蝸牛(かたつむり)
源五郎(げんごろう) 昆虫(こんちゅう) でんでんむし
ボウフラ・孑孑(ぼうふら) ホタル・蛍(ほたる) ミズスマシ・水澄(みずすまし)
虫(むし)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス