アーメン

【意味】 アーメンとは、キリスト教徒が祈祷(きとう)・賛美歌・信条告白の終わりなどに唱える言葉。アメン。

【アーメンの語源・由来】

「まことに、ほんとうに」という意味のヘブライ語「amen」に由来し、「まことに、かくあれかし」の意味として用いられ、「主よ、この私の罪をお許しください。アーメン(まことにそうでありますように)」となる。
キリスト教が世界中に布教された時、アーメンという言葉は各国の言葉に翻訳せず、そのまま使われることになった。
日本で最初に使用された例として、室町末期に来日したキリシタン宣教師による著「どちりいなきりしたん」(1591年刊)に、「我らを凶悪よりのがしたまへ。あめん」がある。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス