【意味】 飴とは、米や芋などのデンプン含有材料を糖化させた、粘り気のある甘い食品。砂糖などの糖類を煮詰めて冷却し固めたキャンディー。

【飴の語源・由来】

「あまい(甘い)」の「あま」が交替した語。
古く中国から伝来したといわれ、『日本書紀』に飴が作られていたとの記述があることから、720年以前には存在していたことがわかる。
当時の飴は現在の水飴のようなもので、「阿米」という表記が見られることから、米が原料であったと推測される。
現代の飴には様々な着色がなされているが、水飴は透明、良質なものであれば半透明な黄褐色で、このような水飴の色を「飴色」という。
古くから珍重されていた飴は、菓子としてだけではなく調味料や滋養食品としても用いられ、神仏への供え物にもされていた。
一般に食べられるようになり、様々な種類の飴が売られるようになるのは近世以降のことで、飴細工も江戸時代以降に作られ始めたものである。
漢字「飴」の「台」は人工を加えて調整するという音符で、穀物を人工的に柔らかくし、甘くした食品を表した文字である。
関西では大人でも、「飴ちゃん」と接尾語を伴なった呼び方をする。
そう呼ぶ理由は、「雨」と区別するためと言われることもあるが、「お芋さん」や「お粥さん(おかいさん)」など食べ物にも、「おはようさん」や「ありがとさん」など一般の言葉にも接尾語の「さん」を付けているため、その流れと考えられる。
ただし、飴以外は「さん」が加えられており、「ちゃん」が付くのは珍しい。
「豆」は「お豆さん」なので、小さいものだから「ちゃん」という訳でもなさそうである。
おかずとして出される食品より身近な菓子であること、更に関西の人は飴の携帯率が高く、より身近な物であることから、飴だけが「ちゃん」付けされて呼ばれるようになったのではないかと思われる。

【関連語】

安倍川餅(あべかわもち) 甘い(あまい) 飴と鞭(あめとむち)
飴をしゃぶらせる 有難う(ありがとう) 餡(あん)
あんころ餅(あんころもち) 今川焼き(いまがわやき) イモ・芋・薯・藷(いも)
色(いろ) 外郎(ういろう) お粥(おかゆ)
お汁粉(おしるこ) 御萩(おはぎ) おはよう
おやつ 菓子(かし) カステラ
ガトー ガム カルメラ
寒天(かんてん) 甘露煮(かんろに) キャラメル・カラメル
キャンディー 金鍔焼き(きんつばやき) グミ
ケーキ 米(こめ) 金平糖(こんぺいとう)
砂糖(さとう) シュガー ずんだ餅(ずんだもち)
善哉(ぜんざい) 大福(だいふく) 駄菓子(だがし)
タフィー・タッフィー 小さい(ちいさい) 千歳飴(ちとせあめ)
チョコレート 心太(ところてん) どら焼き(どらやき)
ドロップ ヌガー ハッカ・薄荷(はっか)
鼈甲飴(べっこうあめ) 牡丹餅(ぼたもち) ボンボン
マシュマロ マメ・豆(まめ) 饅頭(まんじゅう)
水(みず) 蜜(みつ) モナカ・最中(もなか)
羊羹(ようかん) 落雁(らくがん) ロリポップ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス