あまつさえ

【意味】 あまつさえとは、そればかりか。そのうえに。おまけに。多くは、悪いことが重なるときに用いる。

【あまつさえの語源・由来】

「あまり(余り)」と助詞の「さえ」からなる語で、「あまりさえ」が促音化されて「あまっさえ」となり、促音無表記で「あまさえ」とも記した。
近代以降、「あまっさえ」の促音「っ」を「つ」と読むようになり、「あまつさえ」と表記されるようになった。

【関連語】

余る(あまる) 一層(いっそう) 弥が上にも(いやがうえにも)
愈々・弥々(いよいよ) おまけ 重ねる(かさねる)
糅てて加えて(かててくわえて) 加える(くわえる) 更に(さらに)
段々(だんだん) 人一倍(ひといちばい) 一際(ひときわ)
一入(ひとしお) 増す・益す(ます)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス