あまのじゃく

【意味】 あまのじゃくとは、わざと他人の言行に逆らうひねくれ者。天の邪鬼。あまのじゃこ。

【あまのじゃくの語源・由来】

あまのじゃくは、「天探女(あまのさぐめ)」という悪神の名前が転訛したといわれる。
天探女は『古事記』や『日本書紀』の神話に出てくる神で、人の心の内を探り意に逆らうという、ひねくれた神であった。
この天探女は、『瓜子姫』という昔話に登場する悪鬼の由来としても有名である。
また、仁王や四天王に踏みつけられた小さな鬼も「あまのじゃく」と言い、仏教では「あまのじゃく」を人間の煩悩の象徴としている。
両者は別々の説であるが、それぞれの意味が結びつき、現在の意味になったと考えられる。

【関連語】

いじける エキセントリック 御伽話・御伽噺(おとぎばなし)
鬼(おに) ガキ・餓鬼(がき) 神(かみ)
奇想天外(きそうてんがい) 心(こころ) 四天王(してんのう)
拗ねる(すねる) 駄々をこねる(だだをこねる) 突飛(とっぴ)
突拍子もない 投げ遣り(なげやり) 僻む(ひがむ)
皮肉(ひにく) 捻くれる(ひねくれる) 不貞腐れる(ふてくされる)
仏(ほとけ) やさぐれる やんちゃ
我儘(わがまま)

【関連リンク】

天邪鬼/天の邪鬼(あまのじゃく)の意味・類語・同音異義語

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス