あまねく

【意味】 あまねくとは、すべてにわたって。隅々まで。

【あまねくの語源・由来】

あまねくは、形容詞「あまねし」の連用形が副詞化した語。
「あまねし」は、広く行き渡ったさまを表す語で、「あま」は「あまた(数多)」や「あまる(余る)」などの「あま」と同源であろう。
「あまねし」の類義語には、数が多いことを表す「まねし(多し)」「さまねし」がある。
これらの語の語源には、朝鮮語で「多」を表す「man」に由来した「まねし」があり、「あまねし」や「さまねし」は、それに接頭語の「あ」「さ」が付いたとする説もあるが考え難い。
「あまねし」がもととなり、語頭母音脱落で「まねし」が生じ、「まねし」に接頭語「さ」が付いたか、「あまねし」に接頭語「さ」が付き、略されて「さまねし」が生じたと考えるのが妥当である。

【関連語】

数多(あまた) 余る(あまる) 洗い浚い(あらいざらい)
粗方(あらかた) あらまし あらゆる
有りっ丈(ありったけ) 一切合財(いっさいがっさい) 多い(おおい)
概ね(おおむね) 押し並べて(おしなべて) 凡そ(およそ)
数(かず) 隈無く(くまなく) 挙る(こぞる)
ごっそり 悉く・尽く(ことごとく) すっかり
全て・総て・凡て(すべて) 全然(ぜんぜん) 総スカン(そうすかん)
そっくり 大体(だいたい) 大抵(たいてい)
具に・備に(つぶさに) 猫も杓子も(ねこもしゃくしも) 軒並み(のきなみ)
ピンからキリまで 殆ど(ほとんど) 全く(まったく)
満遍なく(まんべんなく) 皆(みな・みんな) 万・萬(よろず)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス