天下り

【意味】 天下りとは、高級官僚が退職した後、特権的に関連の深い民間会社や団体の高い地位に就くこと。

【天下りの語源・由来】

動詞「天下る(天降る)」の連用形の名詞化。
「天下る」は神が天上界から人間界に降臨する意味の言葉で、万葉集にも「葦原の瑞穂の国を安麻久太利知らしめしける」と見られる。
明治時代以降、官庁から民間への強制的な命令を「天下り」というようになり、官僚が退職後に民間の高い地位に就くこともいうようになった。

【関連語】

写す・映す・移す(うつす) 会社(かいしゃ) 肩叩き(かたたたき)
神(かみ) カンパニー 鞍替え(くらがえ)
左遷(させん) 仕事(しごと) 出世(しゅっせ)
政治(せいじ) 勤める(つとめる) トラバーユ
とんとん拍子(とんとんびょうし) 働く(はたらく) リクルート
リストラ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス