甘い

【意味】 甘いとは、砂糖や蜜の味である。辛くない。塩気が少ない。美味。本来あるべき状態より衰えている。不十分だ。手ぬるい。態度が軽い。

【甘いの語源・由来】

甘いは、文語「あまし」の口語。
甘い味は「美味」の意味で多く用いられることや、熟した果実の甘い味を「うまい」と表していたことから、「うまい(うまし)」が転じて「あまい(あまし)」になったと考えられる。
また、「あじ(味)」の「あ」は「あまい」の「あ」に通じるため、「あ」の音に「味わい」の意味があり、「うまい」と合わさったとも考えられる。
味覚を表す他の語と同じく、「甘い」も時代が新しくなるにつれ、味覚以外の様々な表現に用いられるようになった。

【関連語】

味(あじ) 味わい(あじわい) あっさり
アマエビ・甘海老(あまえび) アマゴ・甘子(あまご) 甘葛(あまずら)
アマダイ・甘鯛(あまだい) アマチャ・甘茶(あまちゃ) アマヅル・甘蔓(あまづる)
アマドコロ・甘野老 アマナ・甘菜(あまな) アマニュウ・甘にゅう
アマノリ・甘海苔(あまのり) アマモ・甘藻(あまも) 飴(あめ)
いい加減(いいかげん) うまい 旨煮・甘煮(うまに)
刳い(えぐい) 美味しい(おいしい) 乙な味(おつなあじ)
辛い(からい) 軽い(かるい) カンシャ・甘蔗(かんしゃ)
カンショ・甘藷・甘薯 カンゾウ・甘草(かんぞう) 甘露煮(かんろに)
キャンディー 果物(くだもの) グルメ
こく 心地(ここち) 快い(こころよい)
こってり 砂糖(さとう) 塩(しお)
渋い(しぶい) しょっぱい スイーツ
酸っぱい(すっぱい) 醍醐味(だいごみ) ちょろい
チョロギ・草石蚕・甘露子 生半可(なまはんか) 苦い(にがい)
温い(ぬるい) 不味い・拙い(まずい) まったり
蜜(みつ) 優しい・易しい(やさしい) 緩い(ゆるい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス