アマゴ

【意味】 アマゴとは、サケ科の淡水魚。全長約30センチ。ヤマメに似るが、体側には朱点がある。

【アマゴの語源・由来】

アマゴの「アマ」は、漢字で「甘子」と書くとおり「甘い」の意味と、「雨」の意味とする説がある。
アマゴを「甘い」とするのは考えがたいが、「甘い」の語源は「うまい」にあるため、「美味い魚」の意味とすれば考えられる。
「雨」とする説は、雨が降り出すと釣れはじめる魚というところからである。
地方によってアマゴは、「アメ」「アメゴ」「アメノウオ(アメノイオ)」などと呼ばれる。
また、アマゴには「天魚」の漢字が当てられることもあり、「天」は「雨」に通じることから、「雨」の説がやや有力である。
アマゴの「ゴ」は、「雨後」の意味から「後」とする説もあるが、接尾語の「コ」の濁音化と考えて良いであろう。

【関連語】

甘い(あまい) 雨(あめ) アメマス・雨鱒(あめます)
アユ・鮎(あゆ) イクラ イトウ・伊富・伊富魚(いとう)
イモホリ・芋掘り(いもほり) イワナ・岩魚(いわな) イワメ・岩女(いわめ)
うまい カペリン・キャペリン カラフトシシャモ・樺太柳葉魚
カラフトマス・樺太鱒 川・河(かわ) カワマス・河鱒(かわます)
キュウリウオ・胡瓜魚 キリクチ・切り口(きりくち) キングサーモン
ギンザケ・銀鮭(ぎんざけ) クニマス・国鱒(くにます) ゴギ
サーモン 魚(さかな) サクラマス・桜鱒(さくらます)
サケ・鮭(さけ) サツキマス・五月鱒・皐月鱒 シシャモ・柳葉魚(ししゃも)
シラウオ・白魚(しらうお) 筋子(すじこ) ダンブリ
チカ 釣り(つり) トラウト
ニギス・似義須・似鱚(にぎす) ニジマス・虹鱒(にじます) ハルツゲウオ・春告魚
ヒメマス・姫鱒(ひめます) ビワマス・琵琶鱒(びわます) ベニザケ・紅鮭(べにざけ)
マス・鱒(ます) マスノスケ・鱒の介 ヤマメ・山女(やまめ)
ワカサギ・公魚(わかさぎ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス