あくび

【意味】 あくびとは、眠くなったり、飽きたり、疲れたときに、口を大きく開ける呼吸運動。

【あくびの語源・由来】

正確な語源は未詳だが、『枕草子』にもある動詞「欠ぶ(あくぶ)」の名詞形が有力。
「欠ぶ」の語源は未詳で、「開く(あく)」と同系とも考えられている。
「欠」の漢字は口を開けてする動きを表す文字で、「欠伸」はあくびをして背伸びをすることを意味していた。
その他、あくびの語源には「飽く」と関連付けた説も多く、「飽くぶ(あくぶ)」の名詞形、「飽吹(あくぶき)」の約、「飽息(あくいき)」の約などがある。
また、げっぷの「おくび」を語源とするものもあるが、「おくび」と共通する語源説があるということであり、おくびが語源ということではない。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス