あこぎ

【意味】 あこぎとは、強欲でやり方があくどいさま。

【あこぎの語源・由来】

あこぎは、三重県津市の『阿漕ヶ浦(あこぎがうら)』にまつわる伝説や歌に由来する。
その伝説とは、阿漕ヶ浦は伊勢神宮に供える魚を獲るための禁漁域であったが、ある漁夫(「阿漕の平次」と呼ばれる)が繰り返し密漁を行い捕らえられたというもので、平安時代の類題和歌集『古今和歌六帖』の歌が有名である。
この伝説からさまざまな話が創作され、『阿漕ヶ浦』の名は世間に広まった。
室町時代の『源平衰退記』では、「あこぎ」を「度重なること」の比喩として使い、近世以降には「しつこいさま」の意味で使われるようになった。
民間に広まるにつれ、「あこぎ」は現在使われる意味に変化していった。

【関連語】

厚かましい(あつかましい) あくどい 浅ましい(あさましい)
足元を見る(あしもとをみる) 生き馬の目を抜く 意地汚い(いじきたない)
意地悪(いじわる) 卑しい・賎しい(いやしい) 歌・唄・詩(うた)
海千山千(うみせんやません) お手盛り(おてもり) がめつい
我利我利亡者(がりがりもうじゃ) 勘定高い(かんじょうだかい) 曲者(くせもの)
くどい ケチ 小賢しい(こざかしい)
賢しい(さかしい) 魚(さかな) さもしい
強か(したたか) しつこい しみったれ
守銭奴(しゅせんど) 尻毛を抜く(しりげをぬく) 吝い(しわい)
図々しい(ずうずうしい) 狡い(ずるい) せこい
世知賢い(せちがしこい) 世知辛い(せちがらい) 世知弁・世智弁(せちべん)
ちょろまかす 貪婪(どんらん) 抜け目がない(ぬけめがない)
卑怯(ひきょう) ぼったくり ぼる
吝か(やぶさか) 要領(ようりょう) 邪(よこしま)
吝嗇(りんしょく) 壟断(ろうだん)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス