あけぼの

【意味】 あけぼのとは、夜明け。夜がほのぼのと明け始める頃。

【あけぼのの語源・由来】

「あけ(明)」と「ほの(ぼの)」の語構成。
「ほのぼのあけ(仄々明け)」とも言うように、「ほの」は「ほのぼの」「ほのか」などと同源で、夜が明け始め、東の空がほのかに明るんでくる状態が「あけぼの」である。
古くは、暁の終わり頃や、朝ぼらけの少し前の時間をいった。
漢字の「曙」は「日+音符署(しょ)」であるが、この「署」には原義の「文書を集めておく役所」という意味はなく、「曙」は日光が明るくなることを表した会意文字である。

【関連語】

暁(あかつき) 明かり・明るい アケボノスギ・曙杉
アケボノソウ・曙草 アケボノツツジ・曙躑躅 曙漬け(あけぼのづけ)
朝(あさ) 朝っぱら(あさっぱら) 朝ぼらけ(あさぼらけ)
朝まだき(あさまだき) 有明(ありあけ) 御天道様(おてんとうさま)
おはよう 元旦(がんたん) 頃(ころ)
東雲(しののめ) 白(しろ) 空(そら)
太陽(たいよう) 黄昏(たそがれ) 時(とき)
日(ひ) 東(ひがし) 光(ひかり)
日向(ひなた) 仄か(ほのか) 仄々(ほのぼの)
夕べ・昨夜(ゆうべ) 宵(よい) 宵の口(よいのくち)
夜(よる) 黎明(れいめい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス