あけび

【意味】 あけびとは、アケビ科の蔓性落葉低木。山地に自生。春、淡紫色の小花が咲く。秋、楕円形の果実がなり、熟すと縦に裂け、果肉は甘く食べられる。

【あけびの語源・由来】

あけびの語源は、熟すと果皮が裂けることから「開け実」の転とする説が妥当である。
その他、実の色から「赤実(アカミ)」が転じたとする説は、赤い実のなる植物は多い中、紫色の果実を「赤」とするには無理がある。
冬に実のなるアケビ科の「ムベ」に対し、秋に実がなるので「アキムベ」と称し、転じて「アケビ」になったとする説は、音変化する可能性がある時代以前に「あけび」と呼ばれていたことから考えがたい。
漢字表記の「木通(もくつう)」は、蔓を切って吹くと空気が通ることからで、本来はアケビの木部を表す。
「通草」も同様の意味からで、蔓を「草」と表現したものである。

【関連語】

赤(あか) 秋(あき) アケビコノハ・通草木の葉
木・樹(き) 茎(くき) 草(くさ)
果物(くだもの) 裂く・割く(さく) 蔓(つる)
花・華(はな) 春(はる) 冬(ふゆ)
フルーツ 実(み) ミツバアケビ・三葉木通・三葉通草
ムベ・郁子・野木瓜(むべ) ムラサキ・紫(むらさき)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス