あかつき

【意味】 あかつきとは、夜明け。明け方。太陽が昇る前の空が少し明るくなり始める頃。ある物事が実現したその時。

【あかつきの語源・由来】

「あかとき(明時)」が転じた語で、奈良時代には「あかとき」と言い、平安時代から「あかつき」が用いられるようになった。
古くは、朝を中心とした時間区分ではなく、夜を中心とした時間区分のひとつで、「宵」「夜中」に続くのが「あかつき」であった。
また、夜半から夜が明けるまでの暗い時刻の区分では、「あかつき」「しののめ」「あけぼの」があり、「あかつき」は「夜深い時刻」「未明」をいった語で、現在のように空が白みはじめる頃をさした言葉ではなかった。
「選挙に当選した暁には」などと、物事が実現・完成した時の意味で用いられる「あかつき」は、「準備期間」「未完時期」を「夜」と考え、「実現」を「朝」としたもので、「明け方」の意味に基づいた用法である。
漢字の「暁」は、「日+音符堯(ぎょう)」で、東の空が白むことを表しており、こちらも昔の時刻区分ではなく、現代の時刻区分から当てられた漢字である。

【関連語】

明かり・明るい(あかり・あかるい) 曙(あけぼの) 朝(あさ)
朝っぱら(あさっぱら) 朝ぼらけ(あさぼらけ) 朝まだき(あさまだき)
有明(ありあけ) 御天道様(おてんとうさま) おはよう
元旦(がんたん) 暁天の星(ぎょうてんのほし) 暗い(くらい)
頃(ころ) 東雲(しののめ) 白(しろ)
空(そら) 黄昏(たそがれ) 太陽(たいよう)
時(とき) 日(ひ) 東(ひがし)
日向(ひなた) 夕べ・昨夜(ゆうべ) 宵(よい)
宵の口(よいのくち) 夜(よる) 黎明(れいめい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

暁(あかつき)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
暁のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス