あかんべい

【意味】 あかんべいとは、下まぶたを指で下げ、相手をからかったり、拒否や軽蔑を表す子供っぽい仕草。あかんべ。あかんべえ。あっかんべ。あっかんべえ。

【あかんべいの語源・由来】

下まぶたを下げて裏の赤い部分を見せることから、「赤目」や「赤ん目」になり、現在の音になった。
類語は多く、「べっかんこう」「あかすかべい」は「あかんべい」からで、「めかこう」「めかっこう」などは「めあこう(目赤う)」からある。
藤子・F・不二雄のマンガ『ジャングル黒べえ』の歌の中にある「ウラウラウラウラ ベッカンコー」の「ベッカンコー」は、「あかんべい」から転じた「べっかんこう」のことである。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

あっかんべーの意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス