赤ちゃん

【意味】 赤ちゃんとは、生まれて間もない子。胎児や乳児期の子。あかご。あかんぼう。あかんぼ。

【赤ちゃんの語源・由来】

新生児の皮膚の色が赤く見えることによる語で、「赤ん坊」や「赤子・赤児」も、皮膚の色に由来する。
民間語源には、赤ちゃんを意味する韓国語「アガ」を語源とする説もある。
しかし、「赤ちゃん」や「赤ん坊」の語が成立する以前に「あが」の例は見られず、成立後に見られる「あがちゃん」や「あがんぼう」は訛りであるため、この説は考え難い。
また、子供を叱る時の「メッ」という言葉も、韓国語で「鞭(ムチ)」を意味する「メ」に由来するものとし、それを根拠に赤ちゃんの語源も「アガ」とするものがある。
「メッ」の語源と「赤ちゃん」の語源に関連性がないばかりか、「メッ」と言うのは「ダメッ」の「メッ」と考えるのが妥当なため、特に根拠となるものではない。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

赤ちゃん(あかちゃん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス