【意味】 赤とは、血のような色。また、その系統の色。色の名の一。三原色の一。赤色。赤い色。

【赤の語源・由来】

明暗の「明か(あか)」と同一語源で、「暗(くら)」の「黒(くろ)」に対する語。
そのため、「明らか」などの意味があり、「全く」「すっかり」などの意味でも使われる。
赤色を表す言葉に「朱(あけ)」もあるが、この「朱」も同一語源。
漢字は、中国で「大」と「火」を組み合わせて作られた字で、「大きく燃え上がる火の色」を表す。

【関連語】

青(あお) 赤字(あかじ) 赤出し(あかだし)
赤ちゃん(あかちゃん) 赤っ恥(あかっぱじ) 赤の他人(あかのたにん)
赤の広場(あかのひろば) 明かり・明るい 明らか(あきらか)
色(いろ) 大きい(おおきい) オレンジ
カーキ色(かーきいろ) 黄色(きいろ) 暗い(くらい)
紅(くれない) 黒(くろ) ゴールド
白(しろ) 赤貧(せきひん) 赤裸々(せきらら)
セピア 血(ち) 茶色(ちゃいろ)
火(ひ) 真っ赤な嘘(まっかなうそ) 緑(みどり)
ムラサキ・紫(むらさき) 燃える(もえる)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス