あじさい

【意味】 あじさいとは、バラ目アジサイ科(ユキノシタ科)アジサイ属の落葉低木。初夏、淡青紫色・淡紫紅色に変わる小花が球状に群がって咲く。「紫陽花(しょうか)」「七変化(しちへんげ)」「四葩(よひら)」とも。

【あじさいの語源・由来】

あじさいは、古く「あづさヰ(あぢさヰ)」であった。
「あづ(あぢ)」は集まるさまを意味し、特に小さいものが集まることを表す語。
「さヰ」は「真藍(さあい)」の約、もしくは接頭語の「さ」と「藍(あい)」の約で、青い小花が集まって咲くことから、この名が付けられたとされる。
ただし、あじさいを漢字で「集真藍」と書いたとする説は誤りで、語源を辿って漢字を当てはめるならば「集真藍」の字であろうというものである。
漢字の「紫陽花」は中国の招賢寺にあった花の名前で、日本のあじさいとは異なるものであったといわれる。
日本の古い文献では、『万葉集』で「紫陽花」の例が見られる。
あじさいには「七変化」や「七色花」などの異名があることから、新潟県や佐賀県では七面鳥の皮膚の色が変わることに喩え、「七面鳥」といった呼び方もされる。

【関連語】

藍(あい) 青(あお) 赤(あか)
アカスグリ・赤酸塊 アマチャ・甘茶(あまちゃ) アラシグサ・嵐草(あらしぐさ)
アワモリショウマ・泡盛升麻 色(いろ) イワガラミ・岩絡(いわがらみ)
ウツギ・空木・卯木(うつぎ) ウメウツギ・梅空木 ウメバチソウ・梅鉢草
ガクアジサイ・額紫陽花 ガクウツギ・額空木 カシス
カタツムリ・蝸牛(かたつむり) カラント 木・樹(き)
ギンバイソウ・銀梅草 グーズベリー クサアジサイ・草紫陽花
紅(くれない) コアジサイ・小紫陽花 コジソウ・虎耳草
サワアジサイ・沢紫陽花 シコタンソウ・色丹草 シチメンチョウ・七面鳥
ジョウザン・常山(じょうざん) ジンジソウ・人字草 シラヒゲソウ・白鬚草
ズイナ・ずい菜(ずいな) スグリ・酸塊(すぐり) ズダヤクシュ・喘息薬種
ダイモンジソウ・大文字草 タマアジサイ・玉紫陽花 小さい(ちいさい)
チダケサシ・乳茸刺(ちだけさし) チャルメラソウ・チャルメラ草 梅雨(つゆ)
ツルアジサイ・蔓紫陽花 ツルデマリ・蔓手毬 でんでんむし
トリアシショウマ・鳥足升麻 ネコノメソウ・猫の目草 ノリウツギ・糊空木
バイカアマチャ・梅花甘茶 バイカウツギ・梅花空木 花・華(はな)
バラ・薔薇(ばら) ベルゲニア マルバウツギ・丸葉空木
ミヤマネコノメソウ・深山猫目草 ムラサキ・紫(むらさき) ヤグルマソウ・矢車草
ヤシャビシャク・夜叉柄杓 ヤマアジサイ・山紫陽花 ヤワタソウ・八幡草
ユキノシタ・雪ノ下

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス