アイサ

【意味】 アイサとは、カモ科アイサ属の鳥の総称。くちばしが長く、鋸歯状の刻み目がある。11月~12月に飛来する冬鳥。北海道で繁殖するものも少数ある。ノコギリバガモ。アイサガモ。

【アイサの語源・由来】

アイサは、「アキサ」の音変化。
漢字で「秋沙」と表記するとおり、「アキサ(アイサ)」の「アキ」は「秋」のことである。
「サ」は「早い」意味の「サ」と、「去る」意味の「サ」の二説あるが、アイサは冬に渡来する鳥なので、「秋早鴨(早秋に来るカモ)」ではなく、「秋去鴨(秋が去った頃に来る鴨)」と考える方が自然であろう。
アイサは、くちばしの縁に鋸歯状の刻みがあることから、「ノコギリバガモ(鋸歯鴨)」とも呼ばれる。

【関連語】

アイガモ・合鴨(あいがも) 秋(あき) アヒル・家鴨(あひる)
ウミアイサ・海秋沙(うみあいさ) オオハクチョウ・大白鳥 オシドリ・鴛鴦(おしどり)
オナガガモ・尾長鴨 ガチョウ・鵞鳥(がちょう) カモ・鴨(かも)
カリ・雁(かり) カリガネ・雁金(かりがね) カルガモ・軽鴨(かるがも)
カワアイサ・川秋沙 ガン・雁(がん) カンムリツクシガモ・冠筑紫鴨
キンクロハジロ・金黒羽白 クグイ・鵠(くぐい) 嘴(くちばし)
クロガモ・黒鴨(くろがも) ケワタガモ・毛綿鴨 コオリガモ・氷鴨(こおりがも)
コガモ・小鴨(こがも) コクガン・黒雁(こくがん) コクチョウ・黒鳥(こくちょう)
コブハクチョウ・瘤白鳥 サツラガン・酒面雁 シジュウカラガン・四十雀雁
シノリガモ・晨鴨(しのりがも) シマアジ・縞味(しまあじ) スズガモ・鈴鴨(すずがも)
ツクシガモ・筑紫鴨 トモエガモ・巴鴨(ともえがも) トリ・鳥(とり)
ノコギリ・鋸(のこぎり) ハクガン・白雁(はくがん) ハクチョウ・白鳥(はくちょう)
ハシビロガモ・嘴広鴨 バリケン ハワイガン・ハワイ雁
ヒシクイ・鴻・菱食(ひしくい) ヒドリガモ・緋鳥鴨 冬(ふゆ)
ホオジロガモ・頬白鴨 ミコアイサ・巫女秋沙 ヨシガモ・葦鴨(よしがも)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス