合いの手

【意味】 合いの手とは、歌と歌の間に三味線などの伴奏楽器だけで演奏する部分。歌や踊りの調子に合わせて入れる手拍子や囃子詞・掛け声。動作や話の合間に挟む動作や言葉。間の手。相の手。合の手。

【合いの手の語源・由来】

合いの手は、元は邦楽用語で、「あい」は「間」を意味し、「て」は「メロディー」「楽曲」「調べ」などを意味する。
そこから、歌や踊りの間に入れる演奏を「合いの手」と言うようになった。
さらに、会話などの進行を促すために相手の話の合間に挟む言葉も言うようになり、漫才のボケに対するツッコミや、インタビューの聞き手などの言葉も言うようになった。

【関連語】

相鎚・相槌(あいづち) アンコール インタビュー
歌・唄・詩(うた) 演歌(えんか) 音(おと)
踊り・躍り(おどり) お囃子(おはやし) 音楽(おんがく)
カラオケ 聞く・聴く(きく) 声(こえ)
言葉(ことば) 三味線(しゃみせん) 調子(ちょうし)
手(て) 挟む・挿む・剪む・鋏む はっけよい
話(はなし) 拍子(ひょうし) 漫才(まんざい)
メロディー 横槍(よこやり) リズム

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス