生憎

【意味】 生憎とは、期待や目的にそわず、都合の悪いさま。

【生憎の語源・由来】

生憎の「生」は当て字で、「憎」は「憎らしい」の意味。
本来の語形は「あやにく」で、近世以後に「あいにく」となった。
「あや」は「ああ」や「あら」などと同じ感動詞。「にく」は形容詞「憎し(にくし)」の語幹。
つまり、生憎は「ああ憎らしい」という意味であったものが、そのような感情を抱かせるような事態をあらわすようになり、「あいにくの雨だ」など不都合が生じて残念なさまをいったり、「お生憎様(おあいにくさま)」など相手の期待に添えずに思いやったり、相手を慰める意味でも用いられるようになった。

【関連語】

塩梅・按排・按配(あんばい) 忝い・辱い(かたじけない) 気の毒(きのどく)
具合(ぐあい) 御免(ごめん) 残念(ざんねん)
すみません 折角(せっかく) 都合(つごう)
つつがない・つつがなく 慰める(なぐさめる) 憎い(にくい)
申し訳ない(もうしわけない)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス