アイナメ

【意味】 アイナメとは、カサゴ目アイナメ科の海水魚。日本近海の岩礁域に多く生息する。体側に五本の側線がある。食用。アブラメ。アブラコ。

【アイナメの語源・由来】

アイナメの語源には、アユのように滑らかなので「アユナメ(鮎滑)」が転じたとする説。
アユに似ていることから、「アユナミ(鮎並)」が転じたとする説がある。
滑らかな魚は、アユとアイナメだけではないので「アユナメ(鮎滑)」の説は考えがたく、「アユナミ(鮎並)」の説が良い。
アユに似ているのは見た目の姿ではなく、アユのように縄張りを持つからか、アユのように速く泳ぐところからであろう。
「アユナミ」から「アイナメ」に転じたのは、魚を示す接尾語「メ」が影響したのであろう。
一説には、「アイ」は「愛」、「ナ」は「の」、「メ」は魚名の語尾に付く語で、「愛の魚(賞賛すべき美味な魚)」の意味とも言われるが、魚の名は姿や生態から付くのが一般的で、味から付いた名であれば味を賞賛した文献が多く見られるはずなので考え難い。

【関連語】

愛(あい) アカウオ・赤魚(あかうお) アコウダイ・赤魚鯛(あこうだい)
味(あじ) アブラボウズ・油坊主 アユ・鮎(あゆ)
イソアイナメ・磯鮎並 海(うみ) オオサゴ・大佐賀・大逆
オコゼ・虎魚(おこぜ) カサゴ・笠子(かさご) カジカ・鰍・杜父魚(かじか)
カナガシラ・金頭・鉄頭 カマキリ・鎌切・杜父魚 キチジ・喜知次(きちじ)
ギンダラ・銀鱈(ぎんだら) クサウオ・草魚(くさうお) クジメ・久慈目(くじめ)
コチ・鯒・牛尾魚(こち) ゴリ・鮴・石伏魚(ごり) 魚(さかな)
サンコウメヌケ・さんこう目抜 ソイ・曹以(そい) タケノコメバル・竹の子眼張
トクビレ・特鰭(とくびれ) 滑らか(なめらか) 縄張り(なわばり)
ハゼ・鯊・沙魚・蝦虎魚(はぜ) バラメヌケ・薔薇目抜 ハリゴチ・針鯒(はりごち)
ホウボウ・竹麦魚(ほうぼう) ホッケ メヌケ・目抜(めぬけ)
メバル・眼張(めばる) ヤマノカミ・山の神

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス